HOME>オススメ情報>本来であれば好ましくはないと考えられている理由

受けることができる人

お腹

不妊治療を受けていく中で、卵子に問題がある場合、最終手段をして卵子提供を受けるということが可能になります。しかし誰でもよいというわけではありません。条件をクリアしている人ではないと提供を受けることができませんし、提供をするドナーにも条件が付けられています。提供を受けることができる人は卵巣に問題があり、採卵をすることも不可能だという場合に限られます。遺伝子はドナーのものを受け継ぐことになるので、遺伝子上の親子関係が不成立ということになってしまいます。またドナーとなれる人も出産経験があり、もう出産をする可能性が少ないということや、年齢制限もあるので、条件をクリアしていなければいけません。誰でも卵子提供のドナーになれるわけではありませんし、提供を受けることができるというわけではないので、注意が必要です。医師の中には卵子提供を受けてまで不妊治療を行うことに反対をしている人もいます。

費用のチェック

妊婦

不妊治療には高額な費用がかかってしまいます。ですから、卵子提供を受けるともなるとまとまった費用が掛かってしまう、ということも理解しておく必要があります。またドナーとなる人の体調面も配慮が必要になります。定期的に注射を打つなどの処置が必要になってくるので、体への負担も大きいです。それだけ負担がかかるということも知っておくべきでしょう。不妊治療は段階を追って進めていくことになるので、繰り返し行っていれば当然費用も高額になってしまいます。卵子提供を受けるという最終手段を取っても確実に妊娠出来るわけではありません。どこまで費用を出すことができるのかということもよく考えておく必要があるでしょう。上限を決めておかなければ諦めることもできなくなってしまいます。

広告募集中