HOME>トピックス>不妊症の治療で受けることができる手段の1つ

どんな場合に可能なのか

夫婦

不妊治療を受けていて、卵巣に原因があって排卵がされないなどの疾患があった場合、治療を行って解消をさせることもできます。しかし治療が不可能な場合には卵子提供を受けることも可能です。誰でも受けることができるわけではありません。

手段としての選択

出来るだけ自分の卵子を使いたいと考えるのは当たり前のことですが、不可能だと分かったのであれば、卵子提供を選択することも可能です。卵子バンクを利用したり、近親者の中で一定の条件をクリアしている人であれば依頼をすることも可能です。しかし提供者側にも大きな負担がかかってしまうということも理解をしておく必要があります。提供をする場合でも毎日のホルモン注射が必要になるなど苦労も多いですし、体への負担も大きくなってしまいます。

体調の管理を行う

卵子提供を受けて、着床を希望する場合、移植を受ける女性も体調を万全にしておく必要があります。出産をするまで何があるか分からないので、着床をゴールと考えないほうがよいでしょう。様々なリスクも考えることができるので、リスクのチェックも行っておく必要があります。今は不妊治療専門のクリニックもあるので、まずは相談をしてみるとよいでしょう。卵子提供を受けることが出来るのかどうかも合わせて確認が必要です。

広告募集中